バレンタインのおすすめワインとチョコレートに合うワイン

もうすぐバレンタインデーです。様式や意義が多様化している今日ではありますが、バレンタインにぴったりなワインとチョコレートに合うワインを紹介したいと思います。人に贈っても、仲間・家族と共にでも、もちろん一人でも楽しんでいきましょう。

The バレンタインワイン

バレンタインを想起させるのは赤いハートのマークではないでしょうか?ワイン好きであればド定番となっているのが、フランスのボルドー地区にある「シャトー カロン・セギュール」というワインです。ハートのマークでお馴染みです。シャトーカロンセギュール

キャッチーなラベルではありますがボルドーの格付け第3級で、クラシカルな造りで裏切られない味わいです。値段はインターネットで探してみても安いもので14,000円はかかり、正直手が出にくいワインです。

そこで、お勧めしたいのが、「シャトーカロン・セギュール」のセカンドワイン(ボルドーの有名シャトーではセカンド、サードワインが存在します)、「ル・マルキ・ド・カロンセギュール」です。

ル・マルキ・ド・カロン・セギュール

嬉しいことに、セカンドワインもファーストワイン同様のハートマークのラベルです。また、香り・味わいには風格がありコストパフォーマンスに優れた一本で、私もお気に入りです。現行2017年ヴィンテージと若いですが、今飲んでも十分楽しめます。ファーストラインは熟成に時間がかかるので、すぐ楽しむのであればセカンドワインがお勧めです。安いものなら3800円程度から(もちろんこれでも普段飲みには少しお高いですが)、山梨県内でもアマノパークスさんというスーパーマーケットで4000円程度で販売されています。甘いものが苦手な方はワインを贈るというのもよいかもしれません。この他にもハートのマークのラベルのワインは存在します。手に入りやすいものとして、成城石井さんで販売されている「イタリア トスカーナ エティケ キャンティ ラブコレクション」ではないでしょうか。お手頃価格で味もしっかりとしていて、かつ大きなハートの飾りが目を引く一本です。

チョコレートに合うワイン

次はチョコレートに合わせたい・合うワインを紹介します。

ブドウ品種としてチョコレートに合うと感じるものがあります。カリフォルニアの「ジンファンデル」、イタリアの「プリミティーボ」という品種です。実はこの二つシノニムと言って国による名前の違いだけで、遺伝子的には同じ品種です。どちらも果実味たっぷりで、力強いボディと香りが楽しめます。アルコールも強めです。チョコレート様の香りも併せ持つので、とても相性が良い組み合わせです。

次に挙げるなら、チリやアメリカの「カベルネ・ソーヴィニョン」という品種です。フランス産のものよりもミント等のハーブの香りとチョコレート様の香りが強めに出ます。最近ではコンビニでもチリ産の「モンテス」というメーカーのワインを買うことができます。こちらもチョコレートによく合います。

3つ目に、カリフォルニアやチリの「シラー」とオーストラリアの「シラーズ」という品種がお勧めです。これらは総じてミルクチョコレート等の香りがあり、たっぷりとしたワインが多い傾向にあるように思います。

まとめ

あまりたくさんの具体的なワイン名と画像を挙げられなくてすいませんでした。しかし、チョコレートに合わせるなら紹介させていただいたぶどう品種は目安になると思います。バレンタインデーの意味は多様化していますが、せっかくのチョコレートのお祭りなので、ワインとともに楽しんではいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA